PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

わりと本格的にドレスアップしてみました。

201304202130.jpg
メギストリスの都にて。

適当に色を変更してみたり、
似たタイプの装備品にドレスアップしてみたりと、
これまでもお試し感覚でいろいろといじってはいたのですが、
今回、少し本腰を入れてドレスアップに挑戦してみましたので、
ご覧いただければと思います。

なお、記事タイトルの「本格的」とは、
技術やセンスではなく、かかった費用(ゴールド)のことを指します。


ドレスアップを試みたのは、
「無法者セット」と「しんりセット」の2セット。
まずは無法者からどうぞ。

201304202120.jpg

201304202120-2.jpg

201304202121.jpg

アタマ : ドレスアップ無し / ジャングル
からだ上 : しゅうれんぎ上 / バニラ
からだ下 : しゅうれんぎ下 / ブラック(ズボン) / ジャングル(こしまき)
ウデ : 盗賊のグローブ / カラーリング無し
: 盗賊のブーツ / カラーリング無し
※写真撮影の際、武器・盾・顔アクセは外しました。

ドワーフなので、緑をベースとしたカラーにしたいとまず考えました。
同時に、盗賊に似合うような格好を目指すことに。
最初に選んだ職業なので、思い入れがあります。
ウデと足が盗賊装備なのは、これを意識したためです。
結果、「盗賊」というよりは「シーフ」のようになりました。

無地でシンプルな装備品を選んだのもポイントです。
鍛え抜かれた上腕二頭筋を訳あって隠したい場合は、
からだ上を長袖の「きぬのローブ上」にするのもありだと思います。
ですが、後述のしんりセットのドレスアップで使用していたので、
今回はからだ下と合わせる形で「しゅうれんぎ上」に。

また、アタマを「はやてのバンダナ」にして、
一部カラーリングを変更すれば、
海賊風のドレスアップにもなりそうですね。

太って見えるのはバニラが膨張色だからです。



続いて、しんりセットのドレスアップです。
僧侶・魔法使い・賢者で着まわせる装備ですが、
今回は魔法使いを意識してみまして、結果こうなりました。

201304202124-2.jpg

201304202124-4.jpg

201304202124-5.jpg

武器:かしのつえ(元はアークワンド)
アタマ : 射手のぼうし / ブルー
からだ上 : きぬのローブ上 / レッド
からだ下 : きぬのローブ下 / レッド(スカート) / イエロー(おび)
ウデ : 射手のてぶくろ(元はインテリのうでわ) / バニラ
: ぬすっとのくつ / カラーリング無し

何を参考にしたのかは、あえて言及しませんけれども。

この格好はドワーフの頭身が一番しっくりくるのではないかと。
(可愛いかどうかは別としまして。)

帽子に柄がない点と、へこたれてる点が少し残念ですが、
アタマ装備を表示しなくても、わりと“それっぽく”なります。
また、羽根と大きなつばが付きますが、
「かたりべのぼうし」にしても魔法使いらしくて良いですよ。

最もこだわったのは、足装備です。
立ったままだとローブに隠れてほとんど見えませんが、
走ると靴底を頻繁に目にしますので、大事なところです。

201304202125.jpg
おしゃれは足元からと、どこかで聞いたことがあります。

武器の両手杖もドレスアップ。
この格好には「木製の何か」が良く似合います。



できあがった2つのドレスアップは、どちらもシンプルではありますが、
いざ始めると、とんだ時間泥棒だったと気がつきました(笑)。
時間と貯金に余裕を持って挑戦しましょう。

| その他の記事 | 23:01 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT