PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スーパースター第5話『究極の表現領域』クリア

「目覚めし冒険者の広場」のクエスト情報ページはこちら

関連記事
スーパースター第2話『お熱いのが好きでしょ♪』クリア
スーパースター第3話『さあ♪咲き乱れるのよ』クリア
スーパースター第4話『舞台はあなたのモノよ♪』クリア
※当ブログには、転職クエストおよび第1話の情報は掲載しておりません。

201304260057.jpg
ププイアの穴

スーパースターの職業クエスト
『世界一のスーパースター』の第5話(Lv50)をクリアしました。

ボスの名前や写真は伏せてご報告いたします。


サルバリータさんのお話によると、
暴走したプレシアンナプクレット地方の南西、
ププイアの穴にいるそうな。

ププイアの穴に入ると、イベント後にボス戦が始まりました。

まず、ボスはしっかりみとれてくれましたので、
スーパースターは「メイクアップ」して
いつもどおり戦っても大丈夫そうです。

ボスの攻撃力はさほど高くはないものの、
状態異常を引き起こす特技が厄介な相手です。
唯一、「双竜打ち」による2回攻撃が高威力。

「ダンスフィーバー」はその名の通り踊らされてしまう技。
パーティ全員が踊ってしまう光景も目にしました。
発動も速く、前衛職が回避するのは難しそうです。
踊りへの対策は限られているので、
諦めて別の対策に徹したほうが無難かもしれません。

踊りよりも対策すべきは、
「魔女のまなざし」「テンプレーション」による魅了。
ボスの攻撃力が控えめなこともあって、しんでしまう最大の原因は、
魅了された物理攻撃役による味方への攻撃になりそうです。
踊らされて「ツッコミ」ができないという
最悪の状況も考えられるのがまた怖いところ。
テンプレーションは範囲攻撃技でもあります。
魅了される確率は魔女のまなざしより低い印象でしたが、
複数の仲間が同時に魅了される可能性もありそうですね・・・。

物理攻撃役が魅了されることへの怖さから、
魔法使い等で攻撃呪文で攻めたくなりますが、
ボスが唱える「マホカンタ」が邪魔をしてきます。
スーパースターも安易に「バギクロス」は唱えられません。
このジレンマは、最近アモデウスの100匹討伐でも感じていました。

関連記事
アモデウス100匹討伐達成

蘇生呪文を覚えたサポート仲間を
1人だけしか連れていなかったので少し不安でしたが、
ツッコミも決まり、味方への被害を最小限に抑えながら戦うことができました。

ボス討伐後、酒場のサルバリータから
他アクセ「スーパースターの証」を受け取り、
クエストクリアとなりました。
スーパースターの証は、ゴールドを使用する特技の
消費量と威力が上昇する、なんとも贅沢な装備品です。

前向きな終わり方を見せたものの、
華やかなスーパースターのイメージとは一転、
全体的にドロドロとした雰囲気が漂うクエストでした。
スターの世界は恐ろしいぞ。

| スーパースター | 02:01 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT