PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

失われた時を探して第2話『緋色の横顔』クリア

※『レンダーシア ストーリー 第1章・第2章』のネタバレが含まれています。

関連記事
失われた時を探して第1話『辺境の考古学者』クリア

20140515-1644_153048562.jpg
リンジャの塔 3階

配信クエスト『失われた時を探して』の第2話をクリアしました。


※ボスの名前や行動を記載しています。

実は「炎の起動石」も手に入れていたヒストリカ博士
今回は北東の赤き炎業の塔を目指すこととなりました。

念のため真のリンジャの塔3階の赤い台座も調査してみましたが、
案の定、こちらもチカラが失われており、機能せず。
再び異次元パワーを駆使し、偽りのリンジャの塔へと向かいました。

20140515-1645_153048675.jpg
赤い台座

偽りのリンジャの塔3階北東の赤い台座に「炎の起動石」をかかげると、
前回同様、調べることで偽りの五行の塔へと渡れるように。
赤き炎業の塔に到着すると、そこには緋色の寝顔が。
ボス・炎業の妖星との戦闘が始まりました。

同族(?)のなげきムーン等と同じく、
「ビックリした顔」「おこった顔」、ふたつの顔芸を得意としていました。
それぞれテンション数段階上昇と攻撃力2段階上昇の効果があります。
後者は怒ったときにのみ繰り出すのかも。
幸いサポート仲間に「零の洗礼」を習得した賢者さんを連れていたため、
これらの補助特技には悩まされずに済みました。

「おしつぶし」を繰り出すのも同族と共通していましたが、
近くにいたキャラが2名いたにもかかわらず、
攻撃を受けたのはひとりだけだったような・・・。
大きなダメージとともにふっとばされ、少しの間行動できなくなる点は共通です。

その他、「イオグランデ」も唱えていましたが、
敵が1匹であることと、前述の通り「零の洗礼」にも助けられ、
第1話のボスよりも余裕を持って戦えていた印象です。

ボスを討伐すると今回も「ぼろぼろの手記」を入手。
ヒストリカ博士に渡すと手記の内容が判明し、クエストクリアとなりました。

関連記事
失われた時を探して第3話『夏風の面影』クリア

| 外伝:リンジャの塔 | 17:23 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT