PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レンダーシア第3章 その16 ~砂漠の秘宝~

※『レンダーシア ストーリー 第1章・第2章』のネタバレも含まれています。

関連記事
レンダーシア第3章 その13 ~守護~

バージョン2.2[後期]より配信されたメインストーリー
『レンダーシア ストーリー 第3章』を進めています。


※ボスの名前や行動を記載しています。

20140305-2215_135633755.jpg
ムーニス王

真のアラハギーロ王国を訪れると、
3階の玉座の間にいるムーニス王がお困りでした。
ピラミッドの財宝を手に入れようとしているものの、
財宝の隠し場所だという太陽の石室の扉を開けるために必要な幻日の鏡が
バリーン! ガシャガシャガシャーン! ……とのこと。
そっくり同じ鏡を探すだなんて、そんな無茶な。

20140727-2059_169621359.jpg
タンロン

無茶をせずとも手に入りそうなのが今代の盟友の凄いところ。
偽アラハギーロ王国へ向かい、
真の世界では幻日の鏡が保管されていたという2階の宝物庫へ。
しかし、その入口前に立つタンロンに話を聞くと、
幻日の鏡がボーンナイトに盗まれてしまったのだとか。

20140727-2101_169622014.jpg
ボーンナイト

偽アラハギーロ地方の王国周辺や北部に生息するボーンナイトと戦い。
3戦目で落としてくれた「幻日の鏡」をムーニス王に届けにまいります。
真のアラハギーロ王国の玉座の間に戻るとイベントが。
カブース大臣から「古代文字解読辞典」を受け取り、
再び真のピラミッドへと出かけます。

20140728-1025_169775644.jpg
たいようのおどり

ピラミッドに入り、最初に目にする石碑を調べると、
「古代文字解読辞典」によって解読に成功し、
しぐさ「たいようのおどり」を習得しました。
なんだかとってもアラビアン。

上部に瞳があり、古代文字や踊りのポーズが青く浮かび上がる扉の前で
「たいようのおどり」を行うと、扉の先の部屋へと進み入ることができます。
前回の探索では開けられなかった黒い宝箱の中身を確認・入手して回ってみました。

また、しぐさを覚えられたもの以外にもいくつかの石碑が存在します。
解読すれば、太陽の石室への近道が見つかるかも。

最上階に到着し、太陽の石室の扉を調べるも、
以前として封印されたままで、中に入ることができません。
最上階に置かれた石碑の内容を頼りに、
石室の封印を打ちやぶるチカラを探します。

20140728-1115_169780744.jpg
フタの開いた棺

20140728-1118_169781075.jpg
太陽の石室 入口

とある場所に置かれたフタの開いた棺を調べた後、
太陽の石室の入口を調べると、イベントの後に封印が解かれます。
改めて扉を調べて中に入ると、ボス戦が待ち受けていました。

今回の妖魔将ゲジュラ戦も、アンルシアが参戦し、
破邪の秘技を活用した戦闘が繰り広げられます。
ゲジュラの「妖毒陣」に対してアンルシアが「勇気の盾」を繰り出すので、
光の中に入りながら戦うべし。

ただし、仲間が狭い範囲に集まることに多少なりともデメリットも感じまして、
「痺れ糸」によってまとめてマヒさせられてしまう可能性があります。
マヒしている時間はなかなか長めの印象でした。

その他のゲジュラの行動は「ボミオス」「いてつくはどう」
そしてやっぱり「死グモのトゲ」を確認できました。

ボス討伐後、ついでに太陽の石室にて神の緋石についての記述も読み、
アラハギーロに戻ってムーニス王からお礼を受け取ると
クエストクリアとなりました。

また、「運命の振り子」にチカラが宿った後のアンルシアのコメントを聞きに、
真のグランゼドーラ城西の塔寝室に入ると、イベントが。
内容からこのタイミング限定なのかはハッキリしませんが、ご確認を~。

「レンダーシアII」カードの空きも、残りひとつ。
いよいよ『第3章』もクライマックスでしょうか。

20140728-1146_169784321.jpg
つづきます。

関連記事
レンダーシア第3章 その12 ~真偽~
レンダーシア第3章 その14 ~闘志~
レンダーシア第3章 その15 ~祈りの時は来たりて~
レンダーシア第3章 その17 ~死闘! 山奥の秘湯~
レンダーシア第3章 その18 ~ねじれたる異形の大地~

| ver2.2 第3章 | 13:27 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT