PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

英雄と魔女のフィナーレ第3話『英雄はすべてを救う』クリア

※『レンダーシア ストーリー 第3章』までのネタバレが含まれています。

関連記事
英雄と魔女のフィナーレ第2話『魔女は高らかに笑う』クリア

20140918-1536_184457490.jpg
メルサンディ村

メルサンディ村の配信クエスト
『英雄と魔女のフィナーレ』の第3話をクリアしました。


※ボスの名前や行動を記載しています。

動きだす気配のない物語。
パニーノ曰く、これはアイリが作家特有の病、
スランプに陥っているからなのだそうで、
渡された「パンパニーニノート」を届けることになりました。
いわゆるネタ帳ですね。

20140918-1538_184457663.jpg
アイリ

真のメルサンディ村童話作家の家に住むアイリのもとへ。
「パンパニーニノート」を渡すと……どうやら物語の結末、
つまりは、今後私がなすべきことが決まったようです。

偽りの世界に戻ってパニーノに報告すると、物語が結末へと動きだし、
ザンクローネが魔女の森の夜宴館に向かっていったと聞かされます。

20140918-1555_184460045.jpg
偽りの夜宴館

偽りの魔女の森の北部、偽りの夜宴館に到着。
そういえば、偽りの世界側のこの場所に入るのは初めてでしたね。
中ではイベントの後にボス戦が待ち受けていました。

お相手は、やはり魔女グレイツェル
まずは通常攻撃以外で確認できた行動を箇条書き。

マヒャデドス
パンパカパーン : 周囲のキャラをパンに変える&良い効果を消し去る
フェザースコール : ダメージ300前後の周囲攻撃
魔女の舞踏会 : 周囲のキャラを踊らせる

また、開戦時からマップの2階部分には
リリパットダークペルシャが配備されており、
遠距離からの攻撃でグレイツェルを援護しています。
特にダークペルシャの「メラゾーマ」「ドルマドン」は、
グレイツェルの「フェザースコール」を受けていると
十分に致命傷になり得る威力で厄介。
この援護モンスターたちは階段を上がって倒しに向かえるようです。

アイリが魔女を強く描きすぎたせいで、
何度か敗北してしまいましたが、なんとか打ち破ることができまして。
その際のパーティは自身がパラディン(ハンマー)
サポート仲間にバトマス(両手剣)僧侶(スティック)2名といった構成でした。

パラディンの私は、ここでも「キャンセルショット」による中断が一番のお仕事。
中断を狙うのは「パンパカパーン」「フェザースコール」です。

特に「パンパカパーン」は極力避けたい、怖い特技。
パンにされるとしばらくの間、移動すらできなくなってしまいます。
また上記のとおり、「いてつくはどう」とほぼ同じ効果のおまけ付き。
特に後衛職で挑まれる方は、なるべくグレイツェルから離れておくべし。

なお、自身とサポート仲間は全員、
踊らされガード+100%以上の錬金効果のついた
足装備品を身に着けていましたので、
発動まで少し時間のかかる「魔女の舞踏会」
単なるサービスタイムでした。むふふ。

ちなみにグレイツェルさん、
アトラス強やベリアル強よりも重たいようです。
(乗っているもののせいかな……?)

「キャンセルショット」を早い段階で繰り出す展開でしたので、
バトマスさんは最序盤に2階のリリパットを1匹倒した後は
グレイツェルしか狙ってくれませんでしたが、
そのグレイツェルを倒した時点で戦闘は終了となりました。

討伐後は偽りの夜宴館を探索しておきました。

20140918-1706_184471573.jpg
見覚えのある瞳。

村に戻って正気に戻った村人たちの話を聞いて回った後、
パニーノに報告すると、アイリにお礼を伝えるよう依頼されます。

再び真のメルサンディ村へ向かい、アイリの部屋に入るとイベントが起きました。
どうやら、これにて『レンダーシア ストーリー』から続く
『小さな英雄ザンクローネの物語』は無事に完結したようです。

その後パニーノに報告するとクエストクリアとなりました。

20140918-1727_184475054.jpg
めでたし めでたし

| 外伝:メルサンディ村 | 18:22 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT