PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夢現篇最終話『悪夢の終焉』 その2 ~悪夢の世界~

※『レンダーシア ストーリー 第4章』までのネタバレが含まれています。

関連記事
夢現篇最終話『悪夢の終焉』 その1 ~夢見のしずく~

20150329-1831_238652861.jpg
語り部レーミ

長編ストーリー『夢現篇』の最終話(第7話)
『悪夢より来たるもの / 悪夢の終焉』をクリアしました。


※ボスの情報やクエストクリアの報酬について記載しています。

パーティ同盟による悪夢の世界攻略、
実は数日前にチームの皆さまとご一緒させていただいたのですが、
残念ながらダークドレアムに2戦2敗という結果に。
どちらも時間切れによる敗北でした。
(ちなみに私は僧侶での参戦でした。)

が、この戦いは決して無駄なものではなかったのです。
おかげさまでダークドレアムの行動は長く見ることができましたので、
この数日間、イメージトレーニングを重ねておりました。
また、この間に150スキルが解放され、私も「メラガイアー」を覚えて、
火力不足気味の魔法使いでも強くなれた気がしていたのです。

再びメンバー募集をさせていただく前に、
もう少しドレアムを観察したい気持ちもありましたので、
魔法使いひとりスレア海岸に赴き、いわゆる“オートマッチング”により
見知らぬ7名の方々と悪夢の世界へと足を踏み入れてみました。

少々マッチングに時間がかかりましたが、
魔法使い2名、パラディン、バトルマスター、
レンジャー、僧侶2名の方々とご一緒させていただくことに。
……結果、初めてのオートマッチングでダークドレアムの討伐に成功しました!

「その1」の記事にも少しだけ記載していましたが、
この記事ではダークドレアムまでの前哨戦となる
3組のしもべたちについても、ざっとまとめています。
具体的なことは省きつつの魔法使い視点の感想になりますが、
ご参照いただければと思います。


滅びの悪夢

5匹もいるため序盤は混戦必至ではありますが、
蘇生呪文を覚えた方も多いパーティ同盟であれば、
範囲攻撃による力押しが通じる相手かと思います。


死の悪夢

「なかま呼び」で呼ばれるデビルプリンスやアークデーモンと合わせて、
攻撃呪文による被弾の機会が多くなる相手。
こちらも滅びの悪夢と同様に割と力押しが通じやすい印象ですが、
「マホカンタ」も唱えるようですので、攻撃呪文は少し慎重に。


殺りくの悪夢

相手は2匹と少数ですが、明らかに前の2組よりも強力な相手。
「かがやくいき」「やみのブレス」といった強力なブレス攻撃を
複数人がまとまって受けると大変なことになりそう……。
また、盾を装備した職業の場合は是非とも「会心完全ガード」で痛恨対策を。


ダークドレアム

受けると一撃でやられてしまうような攻撃ばかりのドレアム。
私の魔法使いの低い最大HPを料理で底上げさせても効果は薄そうでしたので、
今回は戦闘前に自作の「ミラクルサンド・小」で攻撃魔力をアップさせてみました。

戦闘中の行動は比較的シンプルな魔法使い。
基本は「早詠みの杖」「魔力かくせい」からの「メラゾーマ」「メラガイアー」ですね。

「マヒャデドス」はメラ系呪文と比較して敵との距離を少し縮めないと発動しませんので、
「おぞましいおたけび」を避けにくくなる恐れがありました。
同時に、強力な範囲攻撃をドレアム単体時で唱えるのは勿体ないと感じ、
「悪夢招来」で呼ばれたばくだん岩を一掃するための切り札として温存していました。

「暴走魔法陣」「超暴走魔法陣」については、
他の魔法使いさんが繰り出したものをお借りする場面もありましたが、
「おぞましいおたけび」「ギガデイン」「ギガスロー」「グランドクロス」といった
強力な範囲攻撃による被害を最小限に抑えるべく
仲間やドレアムとの位置関係を見て移動する機会も多いので、
活用できた場面はあまりなかった印象です。

ドレアム戦に有効な状態異常耐性のうち、
用意していたのは「退魔セット」と「はくあいのゆびわ」の効果を合わせた
封印ガード+100%のみでしたが、ドレアムとの距離に気をつけ、
「おぞましいおたけび」を一度も受けることなく勝利することができましたので、
「ギガスロー」によるマヒ以外の状態異常に陥ることはありませんでした。
また「煉獄火炎」「凍結じごく」対策としてのブレス耐性装備も、
自身が狙われない限り受けづらい魔法使いにはあまり必要なさそうです。
ただし、ばくだん岩の「メガンテ」も強力ですので、
それを防ぐことのできる(らしい)即死耐性は、
最大HPや攻撃魔力を少し犠牲にして用意していても悪くはなさそうでした。

制限時間20ターン、いや、20分の中、
魔法使いの呪文のチカラだけで削りきるのは、なかなか大変。
今回の場合はハンマー装備の方による「プレートインパクト」や、
レンジャーの方による「ぶきみなひかり」が非常にありがたかったのです。
レンジャーの方は、ブーメランの「デュアルブレイカー」も繰り出していたのかな……?
ドレアムの呪文耐性がダウンしている中、
おかげさまで気持ちの良いダメージを与え続けることができました。

討伐タイムは12分弱!
「メラガイアー」様様、そして何より、
ご一緒していただいた7名の方々に本当に助けられました。
どうもありがとうございました。

悪夢の世界から帰還後、
語り部レーミから頂いた初回報酬により、
偽りのレンダーシアでも飛竜を呼べるように!
あぁ、これは便利だなぁ。

| 夢現篇クエスト | 21:26 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT