PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メインストーリー ver3.0 その2 ~影武者作戦~

関連記事
メインストーリー ver3.0 その1 ~旅立ちの時~

バージョン3.0配信のメインストーリーを進めています。


※ボスの名前や行動について記載しています。

影武者作戦

彼もいろいろと苦労しているんですねえ。
ほら、髪の毛がすっかり白く……ん?

若き王族、オーディス王子を守るべく、
ヴェリナード城では密かに影武者作戦が進行中。
彼の旅の終わりが、私の旅の始まりになろうとは……。


白霊鬼現る

20150430-1654_246110402.jpg
ヴェリナード城


何かと落ち着きのない影武者を追いながら、城内を行ったり来たり。
城内の人々の目撃情報にも助けられながら、
バルコニーへと向かったという影武者を追って3階のシェルブリッジに向かうと、
イベントシーンの後にバージョン3最初のボス戦が始まりました!
……って、しまった、ボス戦があるとは思わず、レベル30代の踊り子ですよ!

相手は白霊鬼ボータと呼ばれる魔物が3匹。
確認できた特技は以下のとおりでした。

かがやくいき
白き霊障 : 対象とその周囲への攻撃+呪い
霊式爆弾 : 地面においた爆弾が数秒後爆発

これまで爆弾設置の攻撃は何度も見てきましたが、
今回の爆弾は爆発するまでが短かったような……?
詠唱時間の長い技を使うと避けづらいかもしれません。

サポート仲間には強力な魔法使い2名と僧侶を連れていましたが、
初戦は案の定、踊り子の私が敗因となりまして、あえなく全滅。
しかし、所持ゴールドが減ることなく、HP1の状態で3階の扉前まで戻されました。
これも、バージョン3からの新仕様なんですよね。

2戦目はサポート仲間は変えず、相手がブレス攻撃使いでしたので、
私は「まもりのきり」を使えるレンジャーで挑戦してみることに。
するとなんとか討伐することができました。


遺跡調査開始

白霊鬼討伐後に城内でストーリーを進めると、
ジュレイダ連塔遺跡と呼ばれる場所の調査をすることに。
聞き覚えのない名前の遺跡ですが、
その場所はバージョン1時代から気になっていたのです!

20150430-1859_246130351.jpg
ジュレー島下層、その奥に。

遺跡内部ではヴェリナードとも縁の深い“音叉”が活躍。
初めは難易度の高い謎解きダンジョンが始まったのでは……とも思いましたが、
「三鳴の音叉」と大きな鐘を共鳴させ、
その近くの音叉の間にある大きな音叉に音を移すことを繰り返せばいい、
ということが分かると、わりとスムーズでした。

道中、宝箱を開けたり、新モンスターをみやぶったり、本棚の本を読んだり。


未知なる工房

20150430-1927_246134118.jpg
未知なる工房

入口近くまで降りてきた未知なる工房に入ると、
イベントシーンの後にボス戦がスタート。
確認できた青狼鬼グルバレイダの特技は以下のとおりです。

青の連撃 : 単体2連撃
狂い裂き : 前方ランダム4連撃
魔影殺 : 前方攻撃+呪い(最大HP大ダウン)
野生の咆哮 : 攻撃力2段階アップ+身かわしアップ

新しいデザインのボス、『X』初登場の音楽。いいですねぇ~。
なんて思う余裕はあまりなく、重たい攻撃の多いボスでした。

「魔影殺」は詠唱が長く、サポート仲間も回り込んで避けてくれる場面がありました。

「野生の咆哮」の効果を消す場合、
「ゴールドフィンガー」だとかわされる可能性あり。

今回のこちらの構成は、私は盗賊(ツメ)、
サポート仲間にバト(両手剣)、魔戦(弓)、僧侶(スティック)でした。
ロザリオに助けられる等、運を味方につけた場面もありましたが、
なんとか初見で「強い」の討伐に成功することができました。


ドルワーム王国へ向かえ

女王の間に戻ると、ドワチャッカ大陸での不審な男の目撃情報が入りました。
ドワーフのことじゃなさそうですよ。

また、クエスト形式ではありませんでしたが、
このタイミングで大量の特訓スタンプと達人経験値を獲得しました。
ドルワームでは一段落の雰囲気になったら踊り子に転職しておかねば。


関連記事
メインストーリー ver3.0 その3 ~ドゥラ院長の計略~

| ver3.0 いにしえの竜の伝承 | 21:42 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT