PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メインストーリー ver3.1 その1 ~魔炎鳥との戦い~

「目覚めし冒険者の広場」のアップデート情報ページはこちら

関連記事
メインストーリー ver3.0 その7 ~禍乱の竜~

20150901-1823_275029523.jpg
version 3.1

気になっていた「おたからさがし」の不具合が
バージョン3.1.0eより修正されて一安心しましたところで、
私もついに竜族の世界へ!

写真や地名など、竜族の世界の少し具体的な情報も掲載していく予定です。
ネタバレにはご注意ください。


※ボスの名前や行動について記載しています。

奈落の門の向こう

例のものの修理を終えたオルゲンさんを訪ねて、
久しぶりに竜族の隠れ里へ。
奈落の門を開けるための証「竜の聖印」を受け取り、
目指すは奈落の門の向こう、竜族の世界“ナドラガンド”です。

投げ出されるように辿り着いた竜族の世界。
大変お美しい竜族の女性エステラさまに助けられ、
目が覚めた場所はアペカの村と呼ばれる、竜族が住まう村でした。

20150901-1845_275031842.jpg
アペカの村

最初の目的は、異種族ドワーフを村に受け入れてもらうために
村の東にあるというほこらに祈りを捧げに行くこと。
ですがその前に、まずは村の見学をしておかねば。

アストルティアでは見られない雰囲気の村は、探索しているだけで楽しいですね~。
そんな中、道具屋ソシェラさんを訪ねると、
竜族秘伝の調合薬「トラマナミスト」と呼ばれる新アイテムが売られていました。
『ドラクエ』ファンにはお馴染みの呪文の名からも分かるように、
毒の沼などで受けるダメージを無効にしてくれるアイテムのようです。
村の外では地面に溶岩があるのだとか。
おひとつ400ゴールド。効果時間は60分。
村には旅人バザーがありませんでしたので、軽い気持ちで10個ほど購入しておきました。


魔炎鳥に焼かれた男

村の外に広がる赤熱の荒野
新モンスターをみやぶり、キラキラから新しい素材アイテムを拾いながらも、
大きく寄り道はせずに目的のほこらを目指してみました。

道中、地面には熱を発する溶岩がちらほら。
毒の沼と異なり、ドルボードに乗っていてもダメージを受けるんですね。
が、受けるダメージは10ずつと少なく、避けて進むこともできましたので、
「トラマナミスト」は使いませんでした。
今度、戦闘中にも使用できるのか試しておこう……。

20150901-1911_275034670.jpg
ナドラガ神のほこら・炎 入口

ナドラガ神のほこら・炎の祭壇にて、
先ほど教わったしぐさ「竜族式の祈り」を捧げます。

無事に村には受け入れられ、ネオル村長にすすめられたとおり
村の宿屋で休ませていただいた後、一緒に村へ戻ってきたギダの容態と、
彼を看病するエステラさまが気になり、ギダの家へ。

ギダの話を聞いた後、村を救う手がかりを求めて、
炎樹の丘と呼ばれる場所へと向かいます。


ギダのハープ

20150901-2001_275040868.jpg
炎樹の丘

村を出て南の森林地帯にある炎樹の丘
ギダによるハープの演奏を聴いた後、
魔炎鳥の暴走を止めに向かったギダとエステラさまを追うことになりました。
その前に、炎樹の裏に隠れていた黒い宝箱の回収も忘れずにっと……。


魔炎鳥との戦い

赤熱の荒野東側の探索も兼ねまして、
少し遠回りしながら煉獄の谷を目指しました。
後々訪れることになりそうな、気になる建造物もありましたね……。

20150901-2019_275043433.jpg
煉獄の谷 入口

狭い道幅と立体的な構造が特徴的な煉獄の谷を進み、
最深部の魔炎鳥の巣に到着。
ナドラガンド最初のボス戦が始まりました!

ボスはもちろん魔炎鳥
確認できた特技は以下のとおりです。

急降下 : 範囲攻撃(対象とその周囲?)+転び
時ゆがめる暗霧 : 移動速度ダウン&コマンド間隔2段階ダウン
プロミネンス : 地面に現れるサークル上に攻撃
メガンテロックをつくりだす : メガンテロックが2匹出現

まず特徴的なのは、魔炎鳥がいる場所が固定されている点ですね。
なんだかアクションゲームのボス戦にありそうな構図で、燃えます。

バージョン3.0の最終戦でも見たようなサークルが現れる「プロミネンス」
受ければ大ダメージですが、攻撃が降ってくるまでには時間がかかるため、
避けられた場面の方が多かったです。
幸い「時ゆがめる暗霧」により移動速度が下がっていても避けられていましたが、
これは敵ながらナイスなコンボですね。

メガンテロックは「固くなる」で守備力と呪文耐性を上げた後、
あと2ターンから「爆発のカウントダウン」がスタート。
1匹は爆発前に仕留められたものの、もう1匹には爆発を許してしまった、
はずなのですが、爆発の被害は記憶に残っておらず……。
離れていたのが良かったのでしょうか……?

パーティは私が盗賊(短剣)、
サポート仲間に魔法使い(両手杖)、旅芸人(短剣)、僧侶(スティック)という、
フィールド探索のしやすさも考慮した構成でしたが、
無事に初見での討伐に成功しました。
あ、魔炎鳥には「ヴァイパーファング」や「ナイトメアファング」で毒が入りましたよ。


寄せられた信頼

村に戻ると、エステラさまが私を認めてくださったようで、
大量の特訓スタンプ諸々と、「エステラの紹介状」を頂きました。
エステラさまが待つ聖都エジャルナへは、明日以降に。

20150901-2248_275081588.jpg
つづきます。

関連記事
メインストーリー ver3.1 その2 ~聖都エジャルナへ~

| ver3.1 聖炎の解放者 | 23:10 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT