PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

モンスターバトルロード パーティ紹介 2015.10.06

溜まりに溜まった参加権を消費して例の立ちかたを手に入れるなど、
ここ最近、モンスターバトルロードが私の中で密かな再ブームでした。
音楽のチカラにより、3DS版『ドラクエVIII』を遊ぶと『X』が頭をよぎるほどに……。

そんな中、先日の東京ゲームショウ2015にて、
バトルロードでの協力プレイバトルの情報が飛び込んできましたね。
ドラゴンクエストX TV 東京ゲームショウ2015 出張版スペシャル その2(YouTube)

なにせ協力プレイ。
育てたモンスターの情報を大っぴらにしておくとメリットもなくはないだろうと思い、
ものすごく強い……とは言えないのですが、
私が今現在組んでいるバトルロード用のパーティを久しぶりにご紹介いたします。
ランクBランクAに合格した頃とは面子も戦略も少々変わりました。
まずは今の3匹の中から協力プレイで使うモンスターを選ぶことになりそうな予感がします。


今回ご紹介するモンスターは、
3匹ともLv50、転生回数8、なつき度200にしています。

装備品の錬金効果および合成効果につきましては、
具体的な数値をほぼ割愛しています。
概ね「+2」のお手頃なものだったり、プレイヤー用のお古だったり、
中途半端な合成結果だったりです……。


キラーマシン

20151006-0026_283081988.jpg
ろぶ

【スキルポイント】
フェンサーフォーム:25P / アームズガジェット:40P
HPアップ:32P / すばやさアップ:40P

【装備】
翠石の大剣(攻撃力)
騎神のかぶと(最大HP) / 騎神のよろい(即死ガード) / 凱歌のよろい下(マヒガード)
騎神のガントレット(ヘナトス) / 騎神のグリーブ(転びガード)
ぐるぐるメガネ / バトルチョーカー

【バッジ】
ゆめにゅうどう・金:
 最大HP+90 / 魅了ガード+50% / 眠りガード+100% / ザメハをおぼえる
くさった死体・金:
 最大HP+95 / おしゃれさ+130 / 攻撃時10%で呪い / 攻撃時50%でテンション下げ
おばけトマト・金:
 最大HP+98 / しゅび力+85 / 攻撃時20%でヘナトス / 攻撃時15%で幻惑
ダストン・光:
 最大HP+100 / 攻撃時20%で魔導の書
 ひっさつ「ガラクタボックス」 / スキャンダルをおぼえる

【呪文・特技・必殺技】
ボミオスラッシュ / コードゼロ / ロックオン / スタンアロー / ブラストビーム
ザメハ / スキャンダル / ガラクタボックス

今現在のリーダーモンスターはこの方。
私が操作し、以下のようなお仕事をこなします。

・「ロックオン」で自身の攻撃力と会心率を上げる
・「ボミオスラッシュ」で周囲攻撃&追加効果をばら撒く
・単体の敵には通常攻撃
・「コードゼロ」で怒りをしずめる&テンション全段下げ
・「ガラクタボックス」で仲間全員のMP回復

攻撃で敵に与えられる可能性のある追加効果は、
両手剣「翠石の大剣」の基礎効果によるルカニとマホ系解除、
バッジ効果による呪い、テンション下げ、ヘナトス(腕にも)、幻惑、魔導の書。
「ボミオスラッシュ」を使えば加えてコマンド間隔延長の可能性も付いてきます。
合計8種類の追加効果をばら撒くことが、私のキラーマシン最大の役割です。

攻撃力よりも攻撃する頻度を重視。
「アームズガジェット」スキルと「すばやさ」スキルに40Pずつ振ったことで、
結構な頻度で2回行動するようになりました。

その分、攻撃力が低くなってしまったので、硬い敵には「ロックオン」なしだと
「ボミオスラッシュ」で1匹にダメージ100も与えられないこともあります。
が、低い威力をいいことに、魅了された仲間を
まとめて正気に戻すという、少々手荒い行動に出ることも。

一方で、通常攻撃は2回行動が発動すると、
モーションは一振りでも「はやぶさ斬り」のような2連撃となり、
「ロックオン」による会心率上昇の恩恵を受けやすいため、
攻撃役としてもそれなりに役立っています。
そのためやっぱり魅了は怖い。
「ぐるぐるメガネ」と「ゆめにゅうどう・金」バッジで、
コイツだけでも耐性を100%にしています。

周囲攻撃は「ボミオスラッシュ」の他にも、
「両手剣」スキルの「ぶんまわし」を習得することもできます。
こちらのほうが威力は上ですが、最大HPを優先して現在は未習得です。

……と、この記事を書いている最中に、
「バトルチョーカー」の代わりに「破幻のゆびわ」で
幻惑耐性を上げても良さそうと思い始めたのでした。
次、試してみようかな……。


ドラキー

20151006-0034_283083876.jpg
きい

【スキルポイント】
マホドラキー:40P / ドルマの心得:40P
HPアップ:18P / ドルマの心得:40P

【装備】
万物流転の杖(呪文発動速度)
退魔のぼうし(最大HP) / 退魔の装束上(攻撃魔力) / 退魔の装束下(攻撃魔力)
退魔のうでわ(呪文発動速度) / 退魔のくつ(踊らされガード)
はくあいのゆびわ

【バッジ】
ベビーサタン・金:
 最大HP+85 / 攻撃魔力+95 / マホトーンをおぼえる / イオナズンをおぼえる
キマイラロード・金:
 最大HP+105 / 光属性攻撃 / 戦闘開始時100%テンションバーン / マホカンタをおぼえる
ファンキードラゴ・金
 最大HP+98 / しゅび力+95 / 眠りガード+100% / 毒ガード+100%
フウラ・金
 風耐性+20% / 行動間隔1秒短縮 / ひっさつ「精霊の風」

【呪文・特技・必殺技】
マホトラ / ドルマ / ドルクマ / ドルモーア / りゅうせいよび / まりょくのうた
マホトーン / イオナズン / マホカンタ / 精霊の風

バトルロード外の戦闘で組み込むことを考えて
「ちりょう」スキルの「ザオ」を覚えさせている時期もありましたが、
現在は攻撃的なスキル振りにしまして攻撃役として活躍中です。
が、バトルロードで使っていても
「ここでドラキーが復活呪文を覚えていれば……」なんて局面が時々ありまして、
今もスキル振りとバッジ選びが悩ましいモンスターなのです。

主な行動は以下のとおりです。

・「まりょくのうた」で自身や呪文を使う仲間の強化
・「ドルモーア」「りゅうせいよび」「イオナズン」で攻撃
・「精霊の風」で仲間全員の2回行動率アップ

攻撃役にドラキーを選んだ理由は、
火力や「まりょくのうた」はもちろんそうですが、
主な攻撃手段が物理攻撃のモンスターを攻撃役に据えると、
魅了対策の重要性が上がってしまい、
安心して戦える相手の幅が狭まると感じたためです。
また、敵の「マホカンタ」を確実に解く手段を用意していないので、
呪文以外に「りゅうせいよび」で攻撃できる点も心強いのです。

作戦は「ガンガンいこうぜ」。
「まりょくのうた」と「精霊の風」以外の補助行動は取りません。
自分で操作すれば「マホトーン」や「マホカンタ」も役立ちそうですね。

「精霊の風」は私が操作する“追加効果ばら撒きキラーマシン”が
さらに活発になる効果のほうが恩恵として大きいかもしれません。


マジカルハット

20151006-0047_283086345.jpg
はな

【スキルポイント】
ハットマジック:40P / ブヒブヒール:18P
かいふく:40P / きょうか:40P

【装備】
イーリスの杖(呪文発動速度)
水のサークレット(最大HP) / 水のはごろも上(即死ガード)
水のはごろも下(封印ガード) / 水の脚帯(踊らされガード)
ぎんのロザリオ / アヌビスのアンク / ハイドラベルト / 不思議のカード / 大地の竜玉

【バッジ】
ゆめにゅうどう・金
 最大HP+90 / 魅了ガード+50% / 眠りガード+100% / ザメハをおぼえる
キメラ・金
 最大HP+95 / 回復魔力+90 / 身かわし率+6% / 炎耐性+20%
ファンキードラゴ・金
 最大HP+98 / しゅび力+95 / 眠りガード+100% / 毒ガード+100%
セラフィ・金
 致死ダメージ時10%で生存 / 「聖なる祈り」をおぼえる / ひっさつ「祝福の光」

【呪文・特技・必殺技】
イオラ / ドルクマ / ドルモーア / ザオ / ホイミ / ベホイム / ベホマラー
ピオリム / スクルト / フバーハ / バイキルト / マホトラハット / ハットイルージョン
ザメハ / 聖なる祈り / 祝福の光

バトルロードでも長く愛用中のマジカルハットですが、
他2匹と比べると安上がりな防具を装備させています……。
ただ、「水のはごろも」セットにも他にはない長所がありますし、
何よりこれまでこれでなんとかなってきましたので、
今のところ防具新調の予定はございません……。
一方でアクセサリーは多めに装備させ、倒されにくくしています。

攻撃寄りの装備品はドラキーに回していることもあり、
作戦を「いのちだいじに」に設定し、
サポートモンスターにホイミスライムやキメラといった回復役を雇った上で、
“もう1匹の回復役”として運用しています。
主な行動は以下のとおりです。

・「聖なる祈り」で呪文による回復量アップ
・各種呪文や「祝福の光」によるHP回復と復活
・「スクルト」「フバーハ」で仲間全員の強化
・「ハットイルージョン」で様々な悪い効果の解除

「セラフィ」のバッジで習得した「聖なる祈り」と、滅多に使いませんが「祝福の光」、
そしてドラキーの「まりょくうた」による呪文発動速度アップが加わり、
回復役としての能力は一昔前よりも大幅に上がっています。

「バイキルト」は唱えませんが、
王家の迷宮では「バッチリがんばれ」で連れているために、
その分のスキルポイントは他に回さず、バトルロードでもこのまま使っています。
サポートモンスター登録時の売りにもなるでしょうし、
もしかしたら協力プレイで唱えることになるかもしれませんね。

| モンスターバトルロード | 06:08 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT