PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メインストーリー『奈落より常世まで』クリア

※バージョン3.2までのメインストーリーに関する情報が含まれています。

関連記事
メインストーリー ver3.2 その4 ~最後の試練~

ナドラガンドのメインストーリークエスト
『奈落より常世まで』をクリアしました。


※ボスの名前や行動に関する情報が含まれています。

20151229-1101_298829704.jpg
クラウジ

氷の領界の物語は一段落しましたが、その後、突如現れたという旅の扉。
お困りの教団員クラウジをお助けするべく、
炎の領界から氷の領界に降りたった場所、
とこしえの氷原円盤の遺跡へ、解放者出動。
念のため、業炎の聖塔をルーラストーンに登録っと……。

20151229-1110_298830841.jpg
旅の扉

旅の扉の先に広がっているという
謎の異空間の調査を依頼された解放者。
実際に向かうと、そこはいざないの間と呼ばれる空間でした。
地図を確認してみると、北は奈落の門、
南は聖都エジャルナへと続いているようでしたが、
どちらも扉は固く閉ざされており、通ることができません。
また、いずれ氷の領界以外へと続く旅の扉が出現しそうな雰囲気も感じ取れますね。
いざないの間の役割が少し見えてきました。

20151229-1112_298831207.jpg
バジネヅ

そして、いざないの間に佇む謎の人物がひとり。
彼から課せられる試練を乗り越えることにより、
常世の門を通ることを許されるようです。

試練のお相手は、護門将ゴウシルシャ
確認できた特技は以下のとおりです。

黒死の呪爆 : 対象中心範囲攻撃
シールドチャージ : 前方攻撃+ふっとび
真・やいばくだき
とうこん討ち
ばくえん烈破 : 前方範囲攻撃
はげしく斬りつける : 前方ランダム4回攻撃
ひかりのはどう : 自身の悪い効果を解除
はげしいおたけび
激闘の挽歌 : 敵味方全員のテンション3段階アップ

これら特技に加えて、
こちらの誰かがやられるとテンションアップする「ドラゴンビート」と、
攻撃を繰り出してもテンションが一切下がらない特徴も持っていました。
スーパーハイテンションにはならないようでしたが、
何も対処しなければほぼテンション3段階アップの状態の敵と戦い続けるハメに。
また、こちらの特技に反応して頻繁に怒る習性も。

見慣れない特技「黒死の呪爆」「ばくえん烈破」は、
どちらもテンションが上がっていなくとも即死級の威力。
ただし後者は「はげしいおたけび」と似た要領で回避可能で、
サポート仲間でも避けてくれる場面がありました。

初めのうちは敵の名前の色が変化する前の全滅を重ね、
氷晶の聖塔のボス以上に勝てる気がしない戦闘が続いていましたが、
なんとかサポート仲間と討伐することができました。

勝利時の構成は、私がバトマス(ハンマー)
サポート仲間に僧侶2名と、仲間モンスターのねこまどう

敵のテンションアップへの対処法はいくつか試してみましたが、
「真・やいばくだき」は「ひかりのはどう」で解除されてしまい、
「ゴールドフィンガー」はスキが大きく、「零の洗礼」はダメージに繋がらない。
加えて各種ショックを引き起こす技は効きが悪かったために、
今回は二刀流ハンマーによる「ロストアタック」に落ち着いた次第です。
結果、私の攻撃の大半は「ロストアタック」という珍しい戦闘になりました。

戦士さんやバトマスさんと戦ったこともありましたが、
前衛職ですと「ばくえん烈破」を避けづらそうでしたので、
ここは後衛職の魔法使い……の代わりに、ねこまどうを連れてきてみました。
敵が残りHP半分以下から繰り出す「激闘の挽歌」との相性も良好です。

試練を乗り越えると、ナドラガンドに訪れる際に使用した
「竜の聖印」に本来のチカラを取り戻していただきまして、
いざないの間と真のレンダーシア上空に浮かぶ奈落の門
自由に行き来できるように!

同時に、いざないの間から聖都エジャルナへの扉も開かれ、
こちらも自由に行き来できるようになりました。
なるほど、あの場所と繋がっていたんですね。

また、いざないの間から氷の領界への旅の扉を利用する際、
「円盤の遺跡 炎の領界入口」だけでなく、
一方通行ですが「イーサの村前」にも移動可能でした。

今後はいざないの間が、アストルティアとナドラガンド各領界の架け橋のような、
冒険をスムーズに進めるための重要な場所になるのかもしれませんね。

ちなみに、クエストクリア後にエステラさまにもご報告しようと
お部屋までお邪魔しましたが、解決したことが伝わっていないようで、
褒めていただけませんでした……。

関連記事
メインストーリー ver3.3 その1 ~闇の領界調査依頼~

| ver3.2 氷雪と恵みの彼方へ | 18:41 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT