PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メインストーリー ver3.3 その5 ~楽園の真実~

関連記事
メインストーリー ver3.3 その4 ~サルファバル鉱~

バージョン3.3[前期]公開のメインストーリー
『闇を抱く月光の楽園』のプレイ記録です。
ネタバレが多く含まれています。ご注意ください。


※ボスの名前や行動について記載しています。

意外な襲撃者

村人のお話から、村長は浄月の間に。
マイユのお見舞いも兼ねまして、「サルファバル鉱」をお届けです。

ピオラ……メダパニ……。
浄月の間でのひと悶着の後、
村長の家で「サルファバリン」の精製に成功。
サジェ、Q484に届けるべく、再び楽園へと赴きます。


楽園の真実

そして待ち受けていたのは、
過去の命令に従うように襲ってきた管理端末Q484との戦闘。
3つの“もーど”を順番に(?)移行しながらの
戦闘スタイルが大きな特徴でした。

【通常戦もーど】
火炎放射 : 前方範囲攻撃
みだれ撃ち : 前方範囲6連撃

【殲滅もーど】
ハンマークエイク : 前方範囲攻撃
ハンマートルネード : 周囲攻撃

【充電もーど】
ジゴデイン
エレキテルマイン : 帯電した陣が3つ設置され数秒後に爆発

こう並べてみますと、思いの外攻撃のバリエーションは控えめに見えますが、
もーどと攻撃方法が把握できていない戦闘中は、
何かと慌ただしく思えましたねー。

注目は放電しまくりの充電もーど。
「エレキテルマイン」は、いわば「創生の魔力」の電気版でしょうか。
また、このもーど時のみ、相手の守備力が大きく下がっており、
大ダメージを与えるチャンス。
しかし、「エレキテルマイン」が邪魔をして、
攻撃できる機会は他ふたつのもーどよりも減りがちでした。

挑戦時のパーティは私が戦士、
サポート仲間に戦士・旅芸人・僧侶。
おそらく相手はマシン系でしょうし、これでダメならば、
ツメ武闘家による宝珠付き「裂鋼拳」の出番かと思いましたが、
「せかいじゅの葉」を数枚使いつつも初見で勝利することができました。
(ちなみに後々討伐モンスターリストを確認しますと、やはりマシン系でした。)


姉さん……

20160529-1525_326589178.jpg
浄月の間

カーラモーラ村での事件は一段落。
なんだかQ484が闇の領界のラスボスでも良かったと思えるような満足感もありますが、
まだ解放者としての役割、本業が残っていますね。

聖塔を目指し、三度、楽園へ。

20160529-1528_326589770.jpg
つづきます。

関連記事
メインストーリー ver3.3 その6 ~聖塔へ~

| ver3.3 闇を抱く月光の楽園 | 16:43 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT