PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メインストーリー ver3.5 最終章 その3 ~神墟ナドラグラム~

関連記事
メインストーリー ver3.5 最終章 その2 ~死と再生~

netabare.jpg
ネタバレあり

バージョン3.5[後期]公開のメインストーリー最終章
『ナドラガンドの決戦』のざっくりプレイ記録です。


神墟ナドラグラム

いざないの間より訪れた、竜神復活の地。
この崩れゆく廃墟には5つの武具が散らばっており、
それらを集めた後、奥にある調停の祭壇を目指せばよいのだそう。

そのことを教えてくれたドラナンさんのすぐそばには、
武具のひとつと思しき、神々しく輝くハンマーが置かれています。
手に取ろうとすると、奇妙な模様が描かれた魔法陣が浮かび上がりました。

20170713-1045_388711905.jpg
魔瘴のチカラによる封印

封印する魔物を倒せば武具が手に入りそうでしたが、
魔法陣の貼られた武具に触れるとボス戦に……という展開にはならないようです。

見覚えのある魔法陣の模様が気になりつつ、
先へと進んでみると、早速……

20170713-1050_388712038.jpg
この顔に、ピンときた。

魔法陣には武具を封印した魔物の特徴が表れ、
その魔物を1匹倒すと魔瘴の気配が消え、神威の名の付いた武具が手に入る仕組み。
写真は「神威のおおづち」を封印していたインフェルノ。新モンスターですね。

インフェルノ以外にも新モンスターが棲んでおり、討伐モンスターリストに登録しつつ、
語られる竜の民と神々の戦いの話にも耳を傾けながら武具を集めて回りました。
また、神墟はアクセサリーの宝庫でもありまして、
もう少しそうびぶくろに余裕を持って訪れればよかったですね……。

おおづち、杖、扇、やり、大剣。
5つの武具を集め終え、光かがやく巨大な剣を拝んだ後、
たどり着いたのは調停の祭壇
そこで待っていた祭司ドラガンの指示に従い、
周囲にある6つの祭壇のうち5つに武具をおさめます。

20170713-1133_388714069.jpg
竜族式の祈り

そしてその中央、調停の祭壇に「竜族式の祈り」を捧げると、
かつてのナドラガ神殿、竜神の柩への扉が開かれました。


オルストフの教義

総主教改め邪竜教祖オルストフとの戦いは、
ついに兄弟姉妹との共闘となりました。
シンイに続き、これもおよそ5年ぶりですね……。

ちなみに、我が妹、名は「ぽこ」といいます。
「ぺけ」のひとつ下なんです。年齢の話ではなく。
そんな我が妹の確認できた行動は、「ザオリク」「錬金術」

「錬金術」により現れたのは、滅びたエテーネの村で見た魔物と同じ姿のハナちゃん
「おうえん」により味方ひとりのテンションを2段階アップさせてくれました。
加えてダメージ完全ガードの能力も有する頼りがいのある存在なのですが、
何か条件があるのか、しばらくすると逃げていなくなってしまいます。

さて、肝心のお相手、邪竜教祖オルストフの確認できた呪文・特技は以下のとおりです。

神速メラガイアー
ジゴスパーク : 周囲攻撃&マヒ
死に至る毒針 : 2連撃&即死
魔瘴のきり : 前方攻撃&猛毒
邪竜教祖のはどう : 周囲(全体?)攻撃&いてつくはどう

しばらくは壊滅的な状況にならずに済んでいたのですが、
「真・やいばくだき」の効果が切れていた際に繰り出された「邪竜教祖のはどう」を受け、
ひとりが倒れ、他4名が倒れる寸前までHPを減らされてしまった状況に陥った際は、
さすがにヒヤっとしました……。
そんな状況からもなんとか立て直し、無事に勝利することができました。


竜神の復活

そして、忘れた頃に訪れたアイツの出番。

さらに崩れゆく神墟ナドラグラムを進み、
調停の祭壇到着前に見た巨大な剣、
グランゼニスの遺せし断罪の剣のもとへと向かうことに。

急いだほうがよい状況であることは間違ないのですが……
これは……写真……撮りたくなりますよね……!
あえて掲載はしませんが、二度と見られないかもしれない巨大な戦い、
しっかりと収めておきました。

断罪の剣のもとへと到着し、告げられた次なる行き先。
最後の戦いへと飛び込むと、そこは……

20170713-1532_388726308.jpg
つづきます。

関連記事
メインストーリー ver3.5 最終章 その4 ~竜を愛した者たち~

| ver3.5 ナドラガンドの決戦 | 15:49 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT