PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

天地雷鳴士 転職&第1話~第5話クリア

20171117-1451_407256645.jpg
天地雷鳴士

新職業「天地雷鳴士」について、クエストを通じて少しだけ勉強してみました。
以下、クエストの攻略記録ではなく、
使ってみての第一印象を書きなぐったような内容となっています。


武器

装備できる武器は両手杖・スティック・扇の3種類。

まだまだレベル上げがこれからという状況の現在、
武器はアップデート前からスキルポイントを振っていた扇を装備してみています。
理由としましては……

・「風斬りの舞Ⅲ」で味方を強化できる
・「アゲハ乱舞」でメタル迷宮でのレベル上げがしやすい

と、レベルの低くても使い勝手のいい特技が揃っているためです。
倉庫にしまっていた「マイユのうちわ」をあおいで頑張っております!

一方で、両手杖との相性も気になります。
しょうかんスキルによる攻撃魔力上昇から、
天地雷鳴士専用の攻撃特技が攻撃魔力依存のニオイがしますよね……。
また、天地雷鳴士専用特技の消費MPも気になるところ。
レベルの低いうちは最大MPアップの恩恵も大きいかもしれません。


専用攻撃特技

強めの扇を装備した上での扇特技と
どちらの使い勝手が良くなるのかは、私の遊び方ではまだまだ未知数ですが、
ひとまず、専用攻撃特技の特徴は覚えておいて損はないように思いました。

ひばしら : 単体
じわれ : 前方直線状
いなずま : 周囲
めいどうふうま : 対象とその周囲(チャージ技)
マグマ : 対象とその周囲(チャージ技)
水神のたつまき : 対象とその周囲(チャージ技)

五大陸の通常モンスターとの戦いでは、
「単体にはひばしら、複数相手にはめいどうふうま、チャージが溜まったらチャージ技」
なんて大雑把な戦い方で充分だったのですが、
今後のことを考えると、一部の特技に備わった
属性耐性低下の効果も活用できると良いかもしれませんね。

各特技の属性は見た目からの推測でしかなく申し訳ないのですが、
属性耐性低下を利用して特技を繋げるとしたら……

・マグマ → じわれ → いなずま
・めいどうふうま → 水神のたつまき

こんな感じになるでしょうか……?
念のため、バトルコマンドは分かりやすくなるよう並べ替えておきました。

前衛に守ってもらいつつの「ひばしら」が安心安全という場面もあるかと思いますが、
「グランドクロス」や「ピンクタイフーン」も含め、
属性によるコンボを狙ってみるのも楽しい……かも?


げんま召喚

カカロン : 守備・回復
クシャラミ : 攻撃強化
バルバルー : 単体物理攻撃
ドメディ : 攻撃呪文

がそれぞれお得意だとお見受けしました。

回復が得意なカカロンですが、開戦時にはいないこともあって、
強敵相手に回復すべてを任せる度胸は、私にはなさそうです……。
パーティ同盟のオートマッチングで、回復役に少し不安が残る構成になった場合に
召喚すると喜ばれそうな気がするのですが、いかがでしょう……?

クシャラミは扇装備ですと役割がやや被る点もあるのですが、
「風斬りの舞」はチャージ技ですから、状況を立て直す際に
クシャラミに協力してもらいたくなる場面もきっとあることでしょう。

バルバルーは4種の中でも役割がはっきりと、分かりやすい印象ですね。
職業クエストでは単体のボス戦が多かったので、
「とりあえずバルバルー」といった気持ちで挑んでいました。

範囲攻撃が必要ならばドメディの出番。
……だとは思うのですが、職業クエストでの相手が2体のボス戦で召喚した際、
「バギムーチョ」よりも「メラゾーマ」をよく唱えていました。
ピラミッド等のような敵がわらわらと出現する戦いで
真価を発揮してくれそうな気がしています。

召喚するげんまによって大きく役割を変えられるため、
カカロンの印象でも触れましたが、
特にパーティ同盟のオートマッチングで光るのではと睨んでおりますが、どうでしょう……。
しっかりとレベルを上げたら、まずは邪神の宮殿で試してみたいですね~。

| 職業クエスト | 17:36 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT