PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メインストーリー ver4.0 その6 ~奇妙なドミネウス邸~

netabare.jpg
ネタバレあり

バージョン4.0公開のメインストーリー
『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』のざっくりプレイ記録です。


奇妙なドミネウス邸

転送の門によってクオードとともにたどり着いたのは、
王宮ではなく、これで三度目の訪問となったドミネウス邸
しかし、崩壊していないばかりか、屋敷の人々も最初に訪れた際と異なっており、
なんだか偽りのレンダーシアにも近い“作られた感”を覚えます。

20171215-2354_411756137.jpg
テラス

紛失したクオードの手荷物を探しながら、改めて綺麗なお屋敷をウロウロ。
最初に訪れた時にはイベントシーンの後に現代へと帰還したため
散策できなかったテラスでも、今回は自由に行動できました。

探索の末に発見したのは、とある暖炉の向こうの隠し部屋
その床に置かれた袋から取り戻した「星華のライト」
そして別の袋に入っていたザグルフのメモを頼りに、
脱出のカギとなりそうな“大事なものが欠けた人物”を探します。

1階の食堂では、仲睦まじくチェスに興じるご姉弟と、それを見守るメイドの姿が。
ある意味全員“変わったところがある”と言えるのですが、
中でも変わっていたのは、ライトの強い光を当てても大事なものが欠けていたあの人物。

異変の元凶と思しき魔物が食堂から去り、
正気に戻った屋敷の人々の様子も見て回った後、
改めて食堂で見られた新たな異変のもとへ。
妖しく光る絵画に触れると……。

20171223-0113_412864632.jpg
絵画


絵画の中で

今年は人をすいこむ絵に縁のある一年でしたね。あちらは壁画でしたが。

絵画にすいこまれた先は、イル・ラビリンスと呼ばれる空間。
内装はドミネウス邸とほぼ同じようでしたが、漂う雰囲気や音楽、
勝手に開く扉、要所に飾られた肖像画から、強いホラーテイストを感じます。

20171223-0118_412865173.jpg
天と地がひっくり返ったような衝撃

屋敷の仕掛けに驚きながらも、それを利用しながら宝箱を回収し、
奥へと進むと、またもチェス盤の前で座るメレアーデの姿がありました。

20171223-0129_412866797.jpg
チェスをして遊ぼう。

明らかに怪しいのですが、逃げた魔物の足取りをつかむ方法も他になさそうでしたので、
彼女の頼みを聞き、足りないチェスのコマを探すことにしました。

クオードからのヒントも頼りに、
宵の食堂書斎、そしてメレアーデの部屋で3つのコマを探し出し、
メレアーデのもとへと戻ると、揃ったコマを使ってチェスで遊ぶことに。
チェスのルールは全く知らないので大変不安ではありましたが……。

気がつけば、そこはチェス・ボード
そしてマスを無視して襲い掛かってくる、私よりも大きなコマたち。
何より背景で見守る“対戦相手”のインパクトが凄まじい戦闘が始まりました。

襲ってきたのは4体のポーンと、2体のナイト
そして1体のキング。全員揃ってチェックメイツ
最も強いのはやはりキングで、「バギムーチョ」「マヒャデドス」を唱える呪文の使い手。
しかし、敵の数は多いものの戦闘の難易度はそれほど高くはない印象で、
この不思議なシチュエーションを楽しむ余裕を持ちながら戦うことができました。

チェックメイトの後、チェス・ボードでの記念撮影も済ませ、
旅の扉から元のサイズへと戻ると、宵の食堂に現れた新たな扉。
その先の壁や床が伸び縮みする廊下を抜けると……。


影魔レイミリアとの戦い

絵画の国の終着点、デス・ジャンクションで異変の元凶との戦闘開始です。

バギムーチョ : 必ず暴走?
マヌーサ
あやしいひとみ : 眠らせる
拡散攻撃 : 前方攻撃?
集中攻撃 : 4連撃

共闘することになったクオードは片手剣の使い手。
「はやぶさ斬り」「ギガスラッシュ」といったお馴染みの攻撃の他、
「せかいじゅの葉」による蘇生のお手伝いもしてくれました。

謎の球体からの光線による通常攻撃や特技を繰り出すレイミリア。
奇妙な世界の中で浮いた機械的な雰囲気に、何か裏を感じてなりません。
特技の威力も高く、自身や味方がよく倒されておりました。

また、必ず暴走するように見えた「バギムーチョ」にも要警戒。
こちらの強化や敵の弱体化がない状態では900を超えるダメージを受け、
さすがにチェックメイツ戦を引きずっての適当な戦い方をする余裕はありませんでした。


幻影世界の崩壊

20171223-0218_412873035.jpg
幻灯機

レイミリアを倒したことで現実世界に無事帰還。
軍団長室でクオードから報酬を受け取り、物語もここでまた一段落となりました。

また、転送の門に残されていた光を映しだす道具「幻灯機」はディアンジの家に移され、
幻影のドミネウス邸への入り口として利用できるようになりました。
宝箱を取り逃していた人も安心ですね。

20171223-0221_412873031.jpg
『奇妙奇天烈な武器』

新たなサブストーリークエストで幻影世界よりもひどい目に遭った後、
本物(?)のメレアーデ姉さんの言葉に従い、
正常に機能するようになったと思しき転送の門から、
今度こそエテーネ王宮を目指します。

20171223-0242_412874928.jpg
つづきます。

| ver4.0 5000年の旅路 遥かなる故郷へ | 22:59 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT