PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リーネさんのセレブな日常 第2話『刺激的なシーサイドラン』

20180112-0223_416520680.jpg
ばくだん岩

先日の事件以来、お隣の大富豪のせいで
心穏やかに仕事もできないカーメロさん。
冒険者の合成事情にも影響が出かねない緊迫した状況です。


届けられた脅迫状の内容に従い、
リーネさんからポンと渡された「100億の身代金」を手に、
同封されていた「スクアーロの写真」に写る場所を目指します。

しかし、たどり着いた場所には新たな写真が置かれており……

20180112-0225_416520942.jpg


20180112-0228_416521052.jpg


20180112-0232_416521178.jpg


20180112-0237_416521579.jpg

写真に翻弄されながらウェナ諸島の各地を転々としていると、
最終的にジュレット駅から発車するグレン駅直通の列車、
シーサイド・エクスプレスに乗りこむことに。

列車内で仕事を済ませた後、リーネさんにご報告。
すると私の行動力と彼女の財力により、
今度こそ本物と思しき海賊のアジトが判明しました。

20180112-0247_416522494.jpg
ミレナ海岸

オペレーション・ミレナ、スタート。
バジっ娘のチカラをお借りしてヴェリナード領西ミレナ海岸に到着後、
リーネさんが手配させた舟に乗り、今は使われていない古い灯台へ向かうと、
海賊スクアーロとの決戦となりました。

「つうこんのいちげき」を繰り出すマスク・ド・ブギーや
「かぶと割り」を繰り出すスマイリー・キラーといった、
そこそこ器用な仲間を呼ぶスクアーロでしたが、
当の本人が何が得意であったのか確認できる間もなく決着です。

なお、戦闘の描写はありませんでしたが、
手下の海賊はリーネさんが蹴散らしてくれていたようで、
えげつない威力の「ゴールドシャワー」をお見舞されていたことでしょう。

さて、あと1話を残して一件落着……かと思いきや、
なんだか魔王や神様よりも遥かに恐ろしい敵が現れてしまったような……。

| アストルティアキャラクターズファイル | 05:20 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT