PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サブストーリー『若き彫刻家の才能』

20180609-1552_437241972.jpg
勇者の像

新たな冒険への出発が遅れていますが、
その前に、先代の勇者と盟友の物語を振り返るのも悪くないですね。


私は少し経ってから気がついたのですが、
汚名を着せられていたカミルの真相は、
古グランゼドーラでの物語を終えると現代に伝わっていたのですよね。
起こすつもりのなかった未来の改変。
なんだか危険なニオイもしてきますが、
今のところ悪い影響はないとみて良さそうでしょうか。

そんな名誉挽回を果たした盟友の像を現代に再現すべく、
真のグランゼドーラ城の若き彫刻家オルノーラのお手伝い。
しかしカミルの姿までは現代には伝わっておらず、
まずは文献を探しに3階の図書室へ。

図書室にいるダリウスのお話によると、
カミルの肖像画を1000年前のヴィスタリア姫が所持していたといいますが、
残念ながら、この肖像画も現代には残されていないようです。

そうなると、取るべき手段はただひとつ。

20180609-1602_437242936.jpg
ヴィスタリア姫

思いの外、早めの再会となりました。
初登場時、まさかこんなにも重要な人物になろうとは。

絵画もたしなむという彼女が完成させた「勇者と盟友の肖像画」を譲り受け、
現代のオルノーラに渡した後、懐かしのスタンプおじさん、
もといアリオス王から盟友の像を建てる許可を得ると……。

20180609-1613_437244341.jpg
一晩で、しっくり。

古グランゼドーラ城では盟友の像は大きく崩れてしまっていますから、
こうしてまたふたりが並ぶ姿が見られるようになったのは嬉しいですね。
勇者の像のみが建てられた偽りのグランゼドーラ城も合わせると、
これで3パターンの景色が楽しめるようになりました。

20180609-1616_437244699.jpg
遠い未来に受け継がれ。

| その他のサブストーリー | 17:33 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT