PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メインストーリー ver4.2 その3 ~本能の魔獣~

netabare.jpg
ネタバレあり

バージョン4.2公開のメインストーリー
『赤き大地の双王子』のざっくりプレイ記録です。


オルセコの遺物

ムニュ大臣の“未来の宮廷記録”を求めて、
戻った現代で訪れたのは国の跡地、古代オルセコ闘技場
ここで、とある人物の運命を知ることとなりました。

20180621-0207_438715543.jpg
宝物庫

宝物庫で宮廷記録を読んでいると、
現れたのは、闘技場の入口付近にいたエリガンさん。
グリエ王子の子孫を名乗る彼から渡されたのは、
かつて先祖が探し求めるも手に入らなかったという
オーガの神の遺物「ガズバランのしるし」

用途の見当は付きませんでしたが、
これを王子本人に渡せば、未来が変わるかもしれない。
そう考えた矢先、伝えられたのはグレン城への異形の怪物襲撃の報せでした。


本能の魔獣

20180621-0214_438716120.jpg
訓練場のはしご。

いつの間にやらグレン城に新マップ登場です。
訓練場に設置されたはしごをのぼった先、
選王の儀礼場にて、原獣プレゴーグとの戦闘に。

ツインクロー
マインドドレイン
ランドインパクト
ローリングアタック

どうやら生まれたての異形獣のようでしたが、その攻撃力は強烈です。
激怒中の「ランドインパクト」を受けて全滅寸前に陥る場面もあり、ヒヤヒヤしました……。
メインストーリーのボス戦でも油断していたら負けると、改めて肝に銘じた一戦でした。


オーグリードの邪神

グレン城での一件の後、再びオルセコ王国へ。
行方不明だというグリエ王子の所在も気になる中、
ギルガラン王子と共に先王の間で調査を進めると、
一連の事件の元凶と疑われる存在が浮かび上がってきます。

真相を探るべく、御者コルギの王家専用馬車に乗せてもらい
向かったのは雄峰ランドン

20180621-0410_438720557.jpg
雄峰ランドン

現代ではランドン山脈山頂付近と呼ばれる場所。
この時代でも同じく大雪に見舞われていますが、
山頂付近以外は更なる豪雪区域で、馬車での通過が限界のようです。

5年以上遊び続けている今でも
「レイダメテスや冥王の心臓への道」という印象の強いこの場所ですが、
もう1箇所、現代にも残る重要な場所へと続く道がありましたね。

20180621-0425_438721234.jpg
戦神の宮殿

イベントシーンの後に雄峰ランドンへと戻されたため、改めて宮殿へ。
戦神もとい邪神の封印が現代ほど弱まっていないためか、
封剣の門への階段がなく、宮殿にとどまっている人物も
魔封剣姫とその弟子の魔封士モルガンの2名のみと、
現代よりも少し物静かな雰囲気が感じ取れます。

20180621-0428_438721272.jpg
魔封剣姫

20180621-0426_438721248.jpg
魔封士モルガン

気になるおふたり。
この時点では、現代の魔封剣姫との関係性は
想像の域を出ませんでしたが……。


グリエの探し物

ギルガラン王子からの“最後の頼み”を受け、
グリエ王子の行方について闘技城で情報収集。
その結果、オルセコ王国領の剣闘の間で再会することができました。

「ガズバランのしるし」がグリエ王子の手に渡り、王家の墓で知ることとなったのは、
現代にも伝わっていないであろう、ガスバラン神のもちいた御業。
未来が大きく変わりそうな中、ゾンガロンのねぐらを目指して旅立ちます。

20180621-0509_438722272.jpg
つづきます。

| ver4.2 赤き大地の双王子 | 06:34 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT