PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドルボード燃料タンク拡張『ドルボードオリジン!』

20181206-1344_460178026.jpg
ボンツォ

見てくださいボンツォさん、最新のメーダ型なんです。


元ガテリア兵“スゴうでのボンツォ”。
居場所が少しわかりづらかったのですが、宿屋の裏側にいました。

後のドルボード、反重力浮遊移動台を
イチから作るお手伝いをすることになりましたが、
問題は反重力浮遊移動台を動かすときに
重要な役割を持つという材料「スピードリキッド」の調達です。

20181206-1351_460178432.jpg
ハヤノキ

ダラズ大鉱脈の北西にはハヤノキと呼ばれる葉の落ちていない樹木が生えており、
スピードリキッドは、その根元付近から採れる樹液から精製して作られるそうです。

採取してからリアル時間5分で気化して消える性質を持つこの樹液。
トロッコ等の便利な移動手段も気化する原因となるようで、
当然ながらボンツォさんの口から名は出ませんでしたが、
エテーネルキューブも恐らくアウトでしょう。

徒歩、あるいはドルボードに乗ってボンツォさんにお届けするわけですが、
行きと違って帰りは大きな段差を飛び降りられるルートもあるため、
リアル時間5分は割と余裕の持てる制限時間ですね。

さて、これで完成間近の反重力浮遊移動台ですが、
最高のものを作るため、さらに必要となったのは、ボンツォさんも驚く接合剤。
ということで、心当たりのある技術者に分けてもらえるか聞きにいきました。

20181206-1354_460178755.jpg
メンメ

さすがにおいそれと分けてもらうことはできず、材料集めへ。
こんぶ大将から「結束の貝がら」を手に入れ、
彼女の調合で「メンメ式万能パテ」の完成です。

ボンツォさんに渡すと、反重力浮遊移動台の製作開始。
その結果、ボンツォさんの思いつきもあって、より燃料が入るものが完成したようですが、
ほぼ同時に、私のドルボードにも突然の変化が。
どうやらまた少しだけ未来を変えてしまったようです。

ドルボードの燃料タンクが従来の2つから3つに増え、
以前よりもドルセリンの残量を気にする機会は減ることになりそうですね。
欲を言えば、ドルセリンを2つまとめて入れられると……。

なお、クエストクリア後にはメンメからドルボードの歴史にまつわる
新たな資料について聞くことができましたので、皆さんもお忘れなく!

| お役立ち機能 | 12:41 | コメント:1 | TOP↑

COMMENT

4.4で

4.4で何気にこのメンメの後日談が一番印象に残っているという…

便利機能の拡張枠なのに、お話がとてもよかった。
好きです、これ。

| ふさ | 2018/12/07 15:41 | ≫ 編集











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT