PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アストルティア キャラクターズファイル『パクレ警部の事件簿』

20190124-0440_466353077.jpg
ボンドル

今回は、第1話から第3話まで
まとめて遊び、まとめて記録してみました。

長らく表舞台から姿を消していたものの、
最近、とある場面でチラッと姿を見せていたパクレ警部が本格的に再登場です。
今回は一体どんな“空回り”を見せてくれるのか……と思いきや……!?


第1話『回収任務・第291号』

すっかり忘れておりましたが、
オルフェアの町のサーカステント北にある民家は、
パクレ警部のご自宅と思しき場所でした。
そこでパクレ警部への弟子入りを志願する
オーガの少年ボンドルから手紙を託される場面から、
まさかの物語は始まるのでした。

20190124-0443_466353107.jpg
ジュレットの町 酒場

20190124-0451_466352435.jpg
王都カミハルムイ南 民家

手紙をパクレ警部に渡すべく、ウワサなどを頼りにアストルティアを駆け回ると、
謎の回収任務に当たるパクレ警部ご本人と出くわしました。

酒場の置物を壊して手に入れたと思しき「フニモニウム」と、
カミハルムイの民家から盗み出していた「忘却の夢キャンディ」。
任務の為に回収したものはこの2点のようでしたが、果たして何のために……。


第2話『調査任務・第774号』

20190124-0500_466353357.jpg
木箱

無造作に置かれた木箱の中に、シンプルに目立つものがひとつ。
そこに、プロモーション映像にも登場していた
パッキュレ神父も現れます。はじめまして。

課せられた任務はドルワーム王国に住むマクリマ
夫バッツェへの調査とのことですが、その内容は……。

20190124-0515_466353717.jpg
熱砂洞 兼 修羅場。

ドルワーム水晶宮で武器庫の番をしていたバッツェが向かった砂漠のオアシス。
開かない扉の先から妖しげな声が聞こえてくる中、
バザックスが落とした「ケムケム玉」と、鍛冶ギルドで購入した「ようせいのひだね」
組み合わせて作成した発煙筒により、あぶり出しに成功です。

明かされた真相は、ドワーフの誠実さを信じる皆さんの期待を裏切らないものでしたが、
発見されたケダ子こと変異ケダモンは、
まめちしきを読むに、やはり普通ではなさそうで……。

それはそれとして、軽くお辞儀をしながら去っていくご夫婦が可愛かったです。


第3話『特別任務・第890号』

パクレ警部から話したいことがあると、彼のオフィスに招待された最終話。
機密文書の謎を解き、あんな場所やこんな場所を調べて回ります。

20190124-0543_466354531.jpg
背にヒレ持つ者たちが集う町。

20190124-0549_466354573.jpg
太古の技術を受け継ぎし者たちが暮らす大陸、その南の果て。

見つかった「なぞの金属板」は、
オフィスの入り口のカギとなるものだとか。
そして、肝心の入り口がある場所は……。

20190124-0553_466354618.jpg
「巨大なカサ」 「赤 青 緑」 「東の果て」

実は第1話の配信前、この場所にいざないの石碑が設置されていることに
偶然にも気がついていたのですが、もしかしてもっと以前から……?
時代が時代なら、相当便利であっただろうに……!

さて、入り口は一見すると依然として閉鎖中ではあるのですが、調べてみると……。

謎のオフィスの詳細については念のため伏せておきますが、
そこに現れた暗殺者イレイザーGe50との戦闘となりました。……げそ。
また、キャラクターズファイル恒例の共闘相手、今回はもちろんパクレ警部なのですが、
戦闘中のお名前と職業にも要注目ですね。

20190124-0610_466355171.jpg
ミストデバイス

第3話の初回報酬は、かさ装備の「ミストデバイス」
クエストクリア以降、誰かと会話したり施設を利用する際、
人に銃口を向けっぱなしの穏やかではない生活が続いております。

アストルティアキャラクターズファイルも今回で第4弾でしたが、
主役に対する印象の変わり方で言えばダントツだったように思います。
今でも、銀の丘の扉に閉じ込められていた人とは
別人なのではと少し疑ってしまうくらいです(笑)

なお、謎のオフィスへはクエストクリア後にも自由に出入りできるようですね。
危うく、いじり甲斐のあるレバーに気づかないままでいるところでした。

| アストルティアキャラクターズファイル | 22:18 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT