PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

約束の旅人6『約束の夜明け』

20190320-1538_473712995.jpg
最終回。

メインストーリー最終章はもちろんですが、
こちらも遊んでおかなければ、
バージョン4の物語を見届けたとは言えないかもしれませんね。


とある村最後の来訪者(と思しき)方は、村の前で行き倒れていたという女性。
お見舞いがてら、彼女が休んでいるという教会へと向かいました。

20190320-1532_473712040.jpg
シュキエル

第一印象は美人竜族のシュキエルさんでしたが、
何か竜族とは違う雰囲気を醸し出しています。
あ、いや、露出が多いなぁとか、そういうことではなく。

村に起きた悲劇を伝えると、住民になりたいと申し出てきたシュキエルさん。
シンイに相談し、まずは彼女のぬれた服に代わるエテーネの民の服を贈ることに。

20190320-1536_473712711.jpg
よろず屋カエマン

譲っていただけた「エテーネの服一式」をシュキエルさんに贈ると、
判明する彼女の正体。そして、迫られる決断。

村長苦渋の決断をくしゃみに遮られたような気もしましたが、
エテーネの民の魂をなぐさめるための慰霊碑を作りたいという
彼女のお手伝いをすることになりました。

これまでの『約束の旅人』を振り返るかのように、
村人たちから5つの材料を集めて回った後、
最後に必要となったのは、慰霊碑を清める、魔力を宿す水です。

20190320-1553_473715583.jpg
太古の泉

記憶がずいぶんと偽りの世界に塗り替えられていたせいか、
緑が生い茂る清き水の洞くつに新鮮さを感じながら、
向かったのは最深部の太古の泉

“最初の悲劇”を想起させる展開に一抹の不安を覚えながらも、
無事に村へと戻ると、驚きの仕事の速さで慰霊碑の完成です。
その姿は是非ご自身の目で。

村の復興もこれで一段落とのことで、素朴さは残しつつも、
あの頃と比べるとずいぶんと賑やかな村になりました。
達人・旅人バザー・預かり所がまとまっているので、
今後とも荷物整理の際はよく立ち寄ることになりそうです。

なお、クエストクリア後に案内係ラファーヌに話しかけると、
メガルーラストーンに村の入口が登録されましたが、
少しの距離とはいえ、ルーラストーンに余裕があれば
やぐら前を登録しておいたほうが便利そうですね。

……ところで、村にはもうひとり、新たな住民が加わっています。

20190320-1531_473711814.jpg
ラジ

出入口近くで「ここは○○の村だよ!」と教えてくれる、
RPGの住民定番の役割を担う少年ラジですが、
初めて話しかけた際、「ずっと前はイバンと呼ばれていた」という不思議な発言も。
『約束の旅人』で大きく触れられることはありませんでしたが、
なんだか気になる存在です。
私が何か忘れているのか、あるいは……。

| その他のサブストーリー | 13:59 | コメント:1 | TOP↑

COMMENT

まだ村が襲われていないころ、村でイバンという少年が21Gくれますよね。彼のことだとおもうのですが…だとしたらなぜ生きているのか…。

| - | 2019/03/22 11:31 |











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT