PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メインストーリー ver4.5 その1 ~地脈を食らうもの~

netabare.jpg
ネタバレあり

バージョン4.5[前期]公開のメインストーリー
『遥かなる未来への旅路』のざっくりプレイ記録です。

5000年の旅路、その最終章。
ご自身の目で見届けてから、振り返るようにご覧いただければと思います。


パドレの告白

20190321-1534_473922258.jpg
パドレ

時空の狭間からはじき出され、療養中のパドレ。
新エテーネの村で調達した“ハツラツ豆”で回復した彼から聞かされたのは、
これまでの旅路で相対した4体の魔獣の正体、
そして、時獄へと至る特別な方法についての言い伝えでした。

20190321-1549_473925046.jpg
何もない空。

目指すは封鎖されているマデ神殿。
まずは王都キィンベルで聞き込みを行うと、得られたのは、
頻発する地震、そして、不在であるはずの国王の存在についての情報でした。

軍団長室を仮の玉座の間として使う国王に謁見すると、
複雑な感情を抱きながらも、国王が神殿へと入る方法を探す間、
地震による島の水没を阻止する計画に協力することになりました。


ディアンジの頼みごと

計画に必要な“地脈の結晶”の錬金に苦戦するディアンジに代わる、
腕の立つ錬金術師を求めて、ゼフから話を聞いた後に訪ねたのは、
これまで出番は限られていたにもかかわらず、
思いの外冒険者たちからの支持が熱いことが判明したこのお方。

20190321-1610_473929096.jpg
ワグミカ

相変わらず人生はクソですが、兎にも角にもその手のふるえを、
なんとか超苦い薬で止めていただかないと、錬金の依頼もできそうにありません。

20190321-1617_473930474.jpg
甘々シロップ

薬の苦さを打ち消す、クッソ甘い水は王立アルケミアに。
大の甘党であったというヨンゲ所長が残した「甘々シロップ」は、
最終的に機密研究室で発見することができました。

ワグミカの家へと持ちかえると、ひと悶着ありつつも難なく「地脈の結晶」が完成。
改めて“人をダメにする水”の恐ろしさを目の当たりにしたところで、
王都に戻ってディアンジに報告すると、続いて「探知のロッド」による“湧点”探しへ。
地上から地脈エネルギーを吸収できる特定の場所なのだそうな。

20190321-1631_473933549.jpg
例えばこんなところに。

“お宝の写真”に近い要領で、表示される方角と距離を目安に、
王都キィンベルエテーネ王国領バントリユ地方の3箇所で
地脈エネルギーを「地脈の結晶」に吸収。
国王に報告すると、いよいよ地脈エネルギーを食い荒らす元凶の排除へと赴きます。
一時的に集めた地脈エネルギーで誘い出す作戦のようですね。


地脈を食らうもの

20190321-1642_473935763.jpg
黒曜の隕石孔への道

舞台はティプローネ高地の東、黒曜の隕石孔
戦わずに済む……はずもなく、元凶のメガロダインとの戦闘となりました。
……ヨンゲ所長も、憎むべきか否か、なかなか複雑な人物でしたね……。

今回の戦闘の特徴は、なんといってもメレアーデの参戦ですね。
ですがパーティには加わらず、フィールドの後方に立ち、
未来の賢者さまから教わったのであろうブーメランを武器に、
「シャインスコール」による攻撃や、
「ピオリム」「ベホマラー」といった呪文で援護をしてくれます。
どうやらボスからの攻撃等は受けないようで、
なんだか強ボス戦でのパリンやキャット・マンマーを思い起こさせる立ち位置におられます。

一方、確認できたメガロダインの技は以下のとおり。

ジバルンバサンバ
回転攻撃
火炎放射
地面揺らし : 全体攻撃(ジャンプやポップスティックで回避可能)
つうこんのいちげき
地脈湧点 : 陣を3つ設置する(乗ると攻撃の威力が上昇?)
メガロボール : 対象中心範囲攻撃&全属性耐性ダウン

攻撃力はかなり高そうではありましたが、
各周囲攻撃に対してサポート仲間の方々もしっかり離れてくれる場面が多く、
避けられる攻撃をしっかり避けさえすれば、それほど苦戦はしない印象も受けました。


変わる未来

島の水没が回避され、安堵する一行。
そしてここからは、この時代に赴いた本来の目的を果たす時。
国王も同行し、禁足地への扉が開かれます。

20190321-1700_473939466.jpg
つづきます。

| ver4.5 遥かなる未来への旅路 | 07:14 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT