PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メインストーリー ver4.5 その4 ~5000年の旅路の果てに~

netabare.jpg
ネタバレあり

バージョン4.5[前期]公開のメインストーリー
『遥かなる未来への旅路』のざっくりプレイ記録です。

※最終決戦についての情報が含まれています。


久遠の神殿

時獄の迷宮、第1刻。
かつてのエテーネ王宮での旅路をなぞるように昇降機へ。
その先の時見の神殿は、キュロノスの手により久遠の神殿へと変貌を遂げていました。

20190325-0325_474568823.jpg
パドレ 剣士 Lv110

強靭な父が同行する展開から『Ⅴ』のあの人を思い出し、
パドレの未来に一抹の不安を覚えながら神殿を進むと、
待ち受けていたのは、時空の狭間に存在するという“可能性”たち。
盟友、勇者、王子、魔神、老師、剣聖、そして悪鬼。
その最悪ともいえる末路との対峙でした。

キュロノスの悪趣味な妨害であることには間違いないのですが、
戦闘中、周囲には相手にまつわる景色が映し出され、
かつて共闘した際やイベントシーンで見られた技を敵として受ける、
どこか燃える展開でもありました。
特に盟友と勇者による息の合った「ギガスラッシュ」を
戦闘で見られたことには胸が熱くなってしまいますね。


キュロノスの野望

20190325-0351_474569798.jpg
揺籃の祭壇

たどり着いた時獄の最奥。
未来を賭けた戦いの火蓋が切って落とされました。

器を得た時獄獣キュロノスは、
無限獣ネロスゴーグ(不死の魔王ネロドス)の「邪光の三眼」
喪心獣ゾンテドール(悪鬼ゾンガロン)の「ケモノになれ!」
憑依獣ザルボーグ(ウルベア大魔神)の「ウルベアの血涙」「滅びの流星」
増殖獣バイロゴーグ(パルミオ2世)の「リアクターフレア」と、
終焉の繭から吸収した4体のヘルゲゴーグが駆使していた、
あるいは駆使するはずだった技で攻めてきます。
その他、異形獣お馴染みの各種攻撃も。

「ケモノになれ!」による変身は、
悪鬼ゾンガロンとの戦いでは「ラーの鏡」が対抗手段でしたが、
今回はさすがに用意されておらず、時間経過による解除を待つことに。
回復役がまとめて機能しなくなる可能性を考えると、
この技が最も危険なニオイがします。

一方で、共闘するパドレの強さもあってか、
戦闘の難易度は比較的控えめな印象も受けました。
それもそのはず、この後に待ち受けていた展開は……。


終末の風景

キュルルと挑む、最終決戦。
時元神キュロノスとの戦いは、多彩な行動と、数段階に変化する戦況から、
そのすべてを記録しながら戦うことは難しく、
曖昧な記憶から大きく間違えた情報を記載してしまう恐れもありましたので、
戦いの中、特に印象的だった特徴のみを記載しております。

なお、勝利できたのは2度目の挑戦にて。
時獄獣キュロノス戦からの連戦を2度行うこととなりました。
勝利時のパーティは、私が天地雷鳴士、
サポート仲間に戦士2名と僧侶といった無難な構成でした。

【時元の使徒】
両翼を破壊する初期段階を越えると、時元の使徒が出現。
レーザーによる攻撃は、ダークキング戦などでも見られる光景ですが、
私にとってはまだまだ新鮮です。
使徒には攻撃できず、さらにキュロノスのHPが減ると数も増していき、
飛び交うレーザーによりフィールドがどんどん賑やかになっていきました。
とはいえ、スキの小さい「ひばしら」で遠距離から攻撃していると、
思いのほかレーザーには当たらず、積極的に攻撃することは難しくない印象もありました。
ある程度キュロノスのHPが減るとすべての使徒が消え、とある展開の後に次の段階へ。

【ディバイン・ハイロゥ】
危険な範囲攻撃が多そうで、
キュロノスには不用意に近づきたくない戦いが続いていましたが、
周囲以外全域への攻撃である、この技の回避だけは別。
その肉体は最早ヘルゲゴーグとの繋がりが薄まっていそうではありますが、
技名からも増殖獣バイロゴーグを思わせます。

【時よ消し飛べ】
キュロノスにかかる悪い効果と、こちらにかかる良い効果を解除し、
さらにはなんと召喚されていたげんまを退場させてしまう、
時元神キュロノスを代表するともいえそうな大技。
ただし、こちらにとって悪いことばかりではなく、
受けた後はチャージスキルのチャージが完了しており、
私の場合、「風斬りの舞」や「げんま召喚」での立て直しが
すぐさま行えるようになっていました。
時間経過に関わるほぼすべての要素がリセットされる、といった技のようですね。

【神罰の光叉】
十字方向への範囲攻撃。
イオ系呪文のような円形状の周囲攻撃は多数存在しますが、
このような前後左右、4方向への直線状にも見える範囲攻撃は、
少なくとも私の記憶にはありませんでした。
最初の挑戦では、終盤の猛攻に耐える中、
離れているだけでは回避できないこの技の攻撃範囲に不意を打たれ、
全滅の大きなきっかけとなった攻撃だったように思います。


5000年の旅路の果てに

残されたのは、どこかで見たような怨念と、僅かな希望。
世界に大きな決断を下した後、時を越えた約束を果たすと、
様々な感情を伴いながらも、それぞれの旅路が、ひとつの終わりを迎えました。

彼らとは、いつかまたどこかで会える。
不思議と、そんな気がしています。

20190325-0630_474573832.jpg
Fin



さて、メインストーリークリア後の見どころといえば、
“島”の様子や、王国軍司令部で聞ける、あの人物の足跡はもちろんですが、
大きく変わった未来の影響を強く受けた、あの世界のことも忘れてはいけません。

20190327-0130_474854548.jpg
『アンケートにご協力をー♪』

ふたつのサブストーリークエストを進めながら各地を回ってみると、
この場所がどのような状況に置かれるようになったのかが自然と見えてきます。
クエストとは無関係の住民の台詞も要チェックです。
どうやら平和そうではあるのですが、“その前”を知っているだけに、
なんだか恐怖に近い感情もこみあげてくるのでした……。

完結しながらも様々な“その後”が気になるバージョン4の物語。
バージョン4.5[後期]には登場人物のエピローグ等が
クエストとして用意されるとのことで、待ち遠しいですね。


メインストーリー ver4 記事一覧

【5000年の旅路 遥かなる故郷へ】
メインストーリー ver4.0 その1 ~銀色の箱の導き~
メインストーリー ver4.0 その2 ~異形の獣の襲撃~
メインストーリー ver4.0 その3 ~ここは王都キィンベル~
メインストーリー ver4.0 その4 ~リンカとシャンテ~
メインストーリー ver4.0 その5 ~星落ちる谷で~
メインストーリー ver4.0 その6 ~奇妙なドミネウス邸~
メインストーリー ver4.0 その7 ~叔母とのおもいで~
メインストーリー ver4.0 その8 ~王立アルケミアへ~
メインストーリー ver4.0 その9 ~終わりの始まり~

【栄光の勇者と消されし盟友】
メインストーリー ver4.1 その1 ~勇者アルヴァンの時代へ~
メインストーリー ver4.1 その2 ~1000年前の王宮~
メインストーリー ver4.1 その3 ~樹天の里~
メインストーリー ver4.1 その4 ~秘められし決意~
メインストーリー ver4.1 その5 ~アルヴァンと時渡りの盟友~
メインストーリー ver4.1 その6 ~勇者と盟友の真のチカラ~

【赤き大地の双王子】
メインストーリー ver4.2 その1 ~古代オルセコ王国へ~
メインストーリー ver4.2 その2 ~轟雷王の末路~
メインストーリー ver4.2 その3 ~本能の魔獣~
メインストーリー ver4.2 その4 ~悪鬼との決戦~
メインストーリー ver4.2 その5 ~時を渡りし者たち~

【砂上の魔神帝国】
メインストーリー ver4.3 その1 ~流砂の底で眠る巨人~
メインストーリー ver4.3 その2 ~皇女ウルタが望むもの~
メインストーリー ver4.3 その3 ~ジャ・クバ暗殺の真相~
メインストーリー ver4.3 その4 ~立ちはだかる強敵~

【うつろなる花のゆりかご】
メインストーリー ver4.4 その1 ~パルミオ博士は発見する~
メインストーリー ver4.4 その2 ~プクラスは目覚める~
メインストーリー ver4.4 その3 ~プクリポを復活させろ~
メインストーリー ver4.4 その4 ~笑いはプクリポを救う~
メインストーリー ver4.4 その5 ~無限動力炉へ~
メインストーリー ver4.4 その6 ~ラグアスの新たなる予知~

【遥かなる未来への旅路】
メインストーリー ver4.5 その1 ~地脈を食らうもの~
メインストーリー ver4.5 その2 ~天より来たるもの~
メインストーリー ver4.5 その3 ~時獄をさまよう~
メインストーリー ver4.5 その4 ~5000年の旅路の果てに~

| ver4.5 遥かなる未来への旅路 | 09:37 | コメント:0 | TOP↑

COMMENT











※管理人からの返信は差し上げられなくなります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT